Loading...

クレジットカード現金化大辞典|安全にショッピング枠を現金へ

ホーム クレジットカード現金化大辞典|安全にショッピング枠を現金へ
クレジットカード現金化大辞典|安全にショッピング枠を現金へ 2017-06-05T22:36:06+00:00

クレジットカード現金化サービス

クレジットカード現金化の概念図

カード現金化ってどんなサービス?

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金する歴史あるサービスです。

クレジットカード現金化の方法

申し込みフォームから、匿名一括申し込みをいただきます。

全国の現金化サービスから最も良い条件のオファーを選択します。

Amazonや楽天などでお買い物をするときと同じように、換金ショッピングサイトにてクレジットカード決済で商品を購入をすれば、手続き終了です。

あとは、振り込み入金と商品の配送を待つだけです。

全国の現金化サービスへ一括申し込み、最高の換金率を選べます

換金率

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化とは

レジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品をただちに売却することで現金を入手する方法です。通常、ショッピング枠を現金化する際には、現金化業者に手数料として決済金額の10~30%が差し引かれます。この手数料が金利の先払に該当するなど、その他ウェブに散見している通り、現金化はこれまでにも違法や脱法、規約違反など、様々な憶測や見解が主張されてきました。しかしながらこの現金化は、一部の例外を除き、現金化業者もその利用者にも逮捕者はいまだ現れていません。

現金化って違法?

現金化の法的見解は、これがもし金銭貸借であって、この手数料が期間利益としての金利に相当するのであれば、当然違法性があるというものです。しかし、上記の通り、売買契約による中古品の売り買いであれば、これを規制するのは難しいでしょう。つまり「クレジットカードで買ったものを売ったら違法」は現実的ではありません。これが現金化サービスが継続運営されている理由です。

現金化のメリット

リットは、今すぐに現金を低利で手に入れるられる事ただ一点です。現代はペーパーレス化が進んでいますが、どうしても今日中に現金が必要になってしまうことがあります。そんな時には、たとえ手数料がかかったとしても、金策に走ることや実際に現金を手にするまでに想定されることとを比較すれば、まとまったお金を低利で手に入れられる現金化の方が確実です。

金利が低い

金利は、その貸出先の信用にどの程度の安全性があるかによって決まります。よく対比される2つの金利を比べてみましょう。まず、消費者金融の金利は18%程度、他方カードローンの金利は13%程度と5%もの開きがあります。

この金利差は、担保される信用の有無によるものです。消費者金融は個人信用のみであり、他方カードローンは購入した商品価値が信用となりこの差に反映されているのです。

当然、返済するお金は少額の方が良いですから、金利だけを見ればカードローンの方に軍配が上がります。そしてまた、特に返済期間が長期にわたる場合、この金利の低さは大きな差となって表れるため、長期的な返済計画に照らしてみる必要もあります。

安心の借入先に分割で返済できる

消費者金融などに借り入れを申し込むとその情報が消費者金融間で共有され、JICC 日本信用情報機構Credit Information Center (CIC)に掲載されることもあるため、不必要な申し込みは個人の信用を貶めることにもなるのです。

現金化ではすでに契約されているクレジットカード会社へのローンの支払いが発生するだけですので、その契約や支払い方法によって、分割払いやリボ払いで無理なく返済ができます。

即日・確実に現金を手にできる

現金化は、即日の申し込みで確実に現金を手にする方法です。現金を手にするには他にどのよう方法があるでしょうか。もし、消費者金融に新規借り入れの申し込みをした場合、その時点から審査が行われるため、確実に借りられるかがわかりません。友人や知人からの借りることもそうですが、返しそうもない相手には絶対に貸しませんよね。ですから個人の信用がその時点で評価で借金の可否がきまわけです。

しかし、クレジットカードどうでしょうか。こちらはカード契約の際には審査を行いますが、一度その審査を通過したなら借り入れのたびに新たな審査は必要ありません。つまり「信用は契約の際に担保された」という事です。

クレジットカードの現金化も、インターネットで通常のお買い物をするときと同様に商品を購入するだけです。商品を購入すればそこからは業者が手続きをすすめてくれますので、あとは振り込みを待つだけです。

現金化のリスク

金化は確かに「グレー」な部分があります。それは、同じ現金化でも言い方によってはカード規約に抵触してしまう可能性があるからです。カード規約に違反するとどうなるのでしょうか。そもそもカード規約では何を規制しているのでしょうか。

規約違反とみなされた場合

まず規約には大きく3つの目的があります。

  1. 第三者による不正目的からカード利用者を守るため
  2. 利用者自身の

次に、カード規約の違反行為についてみていきましょう。カード規約では「転売目的」という「意思行為」がポイントになります。

規約違反の有無

カード規約違反ではない転売行為

購入した不要な商品を第三者に買い取ってもらった場合。

カード規約違反となる転売行為

転売目的で商品を購入してこれを実際に転売した場合。

次に法律に抵触する行為についてみていきましょう。このポイントは、現金化業者のみが対象になるという事です。

違法性の有無

合法の現金化

  • 不要な商品を正当な対価で合意して買い取った業者
  • 正当な方法で買い取った商品について第三者に転売した業者

違法な現金化

  • 商品の購入代金を分割で支払った業者
  • 購入した商品を担保として購入代金の返済を請求した業者

このように、規約違反はクレジットカード利用者の問題となり、違法性の有無は現金化御者の問題として扱われます。

安心して利用できる現金化業者を見分けるポイントは、こうした問題が起きないように、細かなサポートを万全に行ってくれるかどうかです。

通常、安全な現金化業者はクレジットカード決済からその対応まですべてを把握しているため、クレジットカード決済時のポイントやカード会社への対応についてしっかりとしたアドバイスとサポートがあります。

では、クレジットカード現金化にはどのような方法があるのでしょうか。

現金化の方法

金化をする方法は大きく分けて2つの方法があります。それは現金化を自分でするのかそれとも業者に頼むのかという事です。現金化をする対象としては、クレジットカード以外にも各種電子マネーやギフト券、その他換金性商品であれば何でもこれに該当するため、以下にはこの2つに沿ってその違いやメリット・デメリット、リスクなどについてご説明してゆきます。

自分で売買する現金化

金券ショップなどリアルトレード

換金性商品の購入はリスクが高い

C to Cサービスなどヴァーチャルトレード

換金性商品の購入はリスクが高い

リットは、今すぐに現金を低利で手に入れるられる事ただ一点です。現代はペーパーレス化が進んでいますが、どうしても今日中に現金が必要になることがあります。

生活費のため

そのまず一番には「支払い」が挙げられます。単身世帯では生活費のために消費者金融を利用する方が多く、二人以上世帯では住宅取得・増改築のために借り入れを行っています。後者の住宅ローンは、その物件自体が担保対象となるため安全資産として貸出金利が低く設定されていますが、前者の個人の信用を担保とする貸し出しはリスクが高いため金利は高めになっています。この消費者金融の金利は、実に年間20%近くにもなります。

友人への返済のため

次に友人間でのお金の貸し借りなど、個人対個人の金銭のやり取りです。なかには借金を踏み倒して悠々としているような方もいますが、借りた人を友人と思える普通の人間ならばこの信用はとても大切なものではないでしょうか。もちろんネットを使えば即座に送金するはできます。日本ではまだ規制の強い仮装通貨や電子マネー、その他インターネットバンキングにしろ、その口座アカウントに資金が無くては

ショッピング枠の現金化が問題になっている理由

現金化の社会的問題

ショッピング枠の現金化が問題なのは、多重債務を助長することになるからです。

借金が雪だるま式に膨れ上がる人の特徴として、借金に借金を重ねることが挙げられます。

キャッシング枠が一杯になってしまったら、今度はショッピング枠を使って現金を作ろうとするのです。

現金欲しさにショッピング枠を現金化しても、後にその買い物の返済をしなくてはならないのは当然です。

しかし、お金が必要なのは「今」です。

「今」をやり過ごすことができるのなら、その後の返済のことなど考えていられません。

急に現金が必要になった場合に、審査を必要とせず、すぐに現金が手に入るのは、クレジットカード現金化だけなのです。

現金化業者のキャッシュバックを利用して即換金

ショッピング枠現金化

業者を利用する場合は、あまり多くを説明する必要はないでしょう。

手持ちのクレジットカードのショッピング枠を利用し、業者の指定する商品を購入することによって、キャッシュバックを得ることができると言うものです。

業者の指定する商品を購入すると、定められたキャッシュバック率に基づいて現金が振り込まれます。

ただ、その上様々な手数料が引かれますので、最終的な換金率は業者によって異なります。

よって、現金化業者同士で換金率の比較をすることは大切です。

例えば、5万円の商品を購入し、その特典(キャッシュバック)として4万5000円が振り込まれるというようなものです。この時の換金率は90%です。

その上様々な手数料が付されますので、最終的に80%以下で現金化されるのが一般的です。

「最大98%の換金率!」と公言している業者でも、

  • 98%になるのは300万円以上の場合
  • 現金化まで1週間かかるプランの場合

という理由を付けられ、ホームページに掲載している換金率は実現されません。

利用者も即金を必要としているのでしょうがなく、業者に言われるまま80%以下で納得するのが通例です。

しかし、自分で売買する方法「商品券を買って買取店に持ち込む」「ブランド物を買って買い取りしてもらう」等々の面倒くささを考えれば、手間なく即振り込んでもらって7,80%ですから、悪くはないでしょう。

また、業者が間に入っているので、カード利用停止になるリスクが少ない手法と言えます。
現金化業者のキャンペーンなどをうまく利用することにより、より高い換金率で現金化することも可能になりますので、キャンペーンは積極的に利用しましょう。

面倒だけど自分で売買して現金化したい

ショッピング枠現金化では何を売買するのか

自分で売買する現金化もシンプルなものです。

クレジットカードで購入した商品を売ってお金にすればよい訳です。

商品とそれに付随するキャッシュバックで現金を得るのが業者を通した現金化であるのに対し、こちらは物品そのものを売ってしまうわけですね。

ではどのような商品を選ぶかと言うことですが、どんな物でも中古品として高く買い取ってもらえるという訳ではないため、中古でも高く売れるものを選ぶ必要があります。

換金性の高い物品の例としては、

  • ゲーム機
  • ブランド品(バッグ、アクセサリー、時計など)
  • 商品券
  • 金券

などがありますが、換金性の高い商品の購入はクレジットカード会社も目を光らせているので、気を付けて選ぶ必要があります。

ショッピング枠現金化

ゲーム機や高級ブランドバッグなどは欲しがる人も多いため中古でも人気の商品ですが、あまり換金率はよくありません。

ゲーム機の場合では、新品で未開封の状態で売ったとしても換金率は50%を切ることもあるほどです。

人気の型や最新のものでも80%程度で買い取ってもらえればかなり良い方であると言えます。

これに対して、新幹線の回数券などはかなり高い換金率で買い取ってもらえます。

人気の商品券ならば額面の95%以上で買い取ってくれることもあるほどで、業者が提供するキャッシュバック式現金化サービスよりもかなり割がいいことがあります。

ただし、これらを購入した際の利用履歴をカード会社が見張っているため、頻繁に新幹線の回数券を購入している事実が判明すれば、カードを利用停止にされることがあります。

クレジットカード会社の利用規約では、「現金化目的の利用は禁止」と明確に記載されています。

法律的にも、クレジットカード決済した物品の転売は、原則、できないのです。

クレジットカードで購入した物品の所有権は、返済が完了するまでは、クレジットカード会社に所有権が留保される形になっています。

これを転売することは規約違反であり、厳密に言えば法律違反でもあります。

もし露見すればカードは利用停止です。

対し、現金化業者を使った場合は、物品を購入してキャッシュバックという付帯サービスを得る形です。

「キャッシュバック」は商法上「値引き」に該当しますので、物品の所有権等は関係ないのです。

こういった意味でも、クレジットカード現金化業者を使うメリットはあるというのは覚えておきましょう。

「換金率の高い商品」を具体的に言うと?

では、換金性の高い商品を使った現金化を具体的に見ていきましょう。
いったいどのような商品が換金性が高いのか、またそれぞれの商品にどのような注意点があるのか、知っておかなければ損をする知識はたくさんあります。

匿名一括申し込み

カオネが品質を保証する全国のクレジットカード現金化サービスへ匿名一括申し込み。比較する手間を省き、トラブルを防ぎます。

現金化サービス鑑査

適性な現金化サービス提供のため、悪質な業者を管理監視しています。利用者様からの情報を基に調査を実施し、サービスの是正を行っています。

口コミ・評価システム

誰でも匿名で投稿できる評価システムと口コミ投稿システムにより、よりリアルタイムで安心材料の情報を提供しております。

おすすめ現金化の方法

【クレジットカード現金化編】

簡単入力のお申込みは、匿名OKで安心です!😄

個人情報の流出の杞憂がない匿名一括申し込み

カオネが審査を実施している全国の現金化サービスに一括して申し込みが出来ます。

しかも匿名OKなので、初めてでご不安な方にもピッタリで、安心してご利用いただけるサービスを提供しています。

まずは試しに申し込んでみよう!そんなお客さまもいらっしゃいますのでお気軽にお問合せくださいませ。

換金率のオファーから最良プランを選択しよう🔍

プランや金額、地域などから換金率を提案

一括申し込みした条件に対し、全国の現金化サービスより換金率の提案を受けられます。

換金率は、実は変動するものなのです。

ですから、同じ事業者であっても、日時が異なれば条件が変わることがあります。そのため、全国に一括で申し込みをすることにより、今日一番の換金率をていじするプランをご選択頂けます。

クレジットカードでご希望額の決済をします💴

クレジットカード決済、または商品売却

利用プランをご決定されましたら、クレジットカードでご希望額をオンライン決済(支払い)します。

この決済額の支払い方法は、通常のクレジットカードでのお買い物と同様に、使用されるクレジットカード会社との契約によって、そのカード会社へ返済を行います。

カード会社への返済以外に債務が発生することはありませんので、安心してご利用いただけます。

もし、リボルビング払いや分割払いでのお支払いをご希望される場合に、ご契約の条件が不確かであればカード会社へお確かめくださいませ。

プランに合わせ即日現金をGET!👍

即日最短・最早5分で現金を受け取れる

ご契約プランの金額を指定口座にお振込みいたします。

領収証を発行できるため、経費に算入可能です。

クレジットカード現金化・おすすめ情報

他の記事を読み込む

「全国一番の換金率で、現金を受け取りませんか?」

カオネでは、最も公正な条件にて安心して現金化サービスをご利用いただけます。

0
接続中
お待ちください...
メッセージを送信

オンラインサポート時間外です
メッセージをお残しください。

* ご質問をどうぞ
お名前(匿名可)
* メールアドレス
ご質問はチャットでどうぞ

サポートが必要ですか?
お困りの点に、カオネのスタッフがチャットでお応えします。
お気軽にお問い合わせください。

パソコンからご利用の場合、Shift+Enterで改行できます。

お名前(匿名可)
ご質問をどうぞ
チャット評価

コミュニケーターとチャットで問題は解消されましたでしょうか。

お気軽にフィードバックをお寄せください。

チャットサポートをどのようにご評価されましたか?