今日中にお金を作る方法
  • 今日中にお金を作る方法がわかります。
  • お金の問題を解決する方法のひとつとして「クレジットカード現金化」を取り上げます。
  • クレジットカード現金化が把握できるとともに、リスクや注意点が理解できます。
  • 誰でもクレジットカード現金化のスペシャリストになれます。

今日中にお金が必要なすべての方へ

今日中にどうしても現金が必要になった時に、どうやってお金を手に入れたら良いのでしょうか。

日払いの働き先を見つけて稼ぎ出しますか?消費者金融や知人を頼って借りますか?それとも今ある物を売って現金に換えますか?

しかし、どれも100%確実に今日中にお金を用意できるものではありません。

消費者金融とカードローンには審査がありますので、その審査に通過できなかった場合、お金を借りることはできません。

所持品を売ったとしてもまとまったお金を用意することは難しく、用意できたとしても多くの所持品を売らなければならないでしょう。

あとは、親族や知人にお願いをして現金を貸してもらうことでしょうか。
しかし、親族や知人がそう都合よく今日お金を貸してくれることは多くはなく、また金銭の貸し借りは関係を破壊してしまう可能性のある事でもあります。

「どうしても今日お金が必要」という事実は、切迫した問題です。

しかし、そんなときに役立つのがショッピング枠現金化です!

このシリーズでは、今日中に必要なお金を確実に手に入れるための方法に絞ってご説明させていただきます。

第一回目はクレジットカードのショッピング枠を現金化し、お金を手に入れる最高の方法をご案内します。

 

今日中にお金を作る方法はこれだ!「クレジットカード現金化編」

何かを現金化してお金を手に入れる方法はさまざまです。

需要と供給に従って持っている物を今すぐお金に替えることができます。その他にもクレジットカードのショッピング枠を現金化したり、電子マネーの残高を現金化するなどをたくさんの現金化方法を紹介し、そのメリットやデメリット、リスクを通して最も良い現金化の方法を検証していきます。

現金化の種類は大きく3パターン

即日お金を手入れられる現金化の方法は大きく以下の3パターン6種類です。

  1. クレジットカードのショッピング枠を利用する方法
    • 自分で商品を売買して現金化する
    • 現金化業者を利用して現金化する
  2. 電子マネーの残高を現金化する方法
    • 電子マネーの売買仲介サービスを利用する
    • 自分で残高を現金に払い戻す
  3. 所持している物を売ってお金にする方法
    • 買い取り業者に依頼する
    • C to Cのアプリを使って自分で販売する

どの現金化を選ぶべきか

どの方法が良いかはケースバイケースです。

たとえば、必要な金額の多さや、いつまでにお金が必要かなどによっても変わります。

クレジットカードを使った現金化の方法

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのキャッシング枠とは別枠で用意されているショッピング枠を利用して現金を入手する方法です。

自分でする場合

購入した商品を自分で売買をする場合、比較的に高い換金率でお金に替えることができます。

しかし手間がかかり、またクレジットカードを利用停止されるリスクも高く、さらに1万円から3万円程度の少額の現金化しかできません。

注意点

換金性のある商品(新幹線のチケットなど)をあからさまに大量に買い込むのはNGです。即刻カードの利用停止・強制解約されるリスクがあります。

[blogcard url="https://kaone.link/genkinka-illegality/prevent-use-stop/"]

業者でやる場合

業者に頼む現金化は、実質換金率は平均87%以下です。

しかし電話や簡単なネット申し込みをするだけで確実に即日現金を手にすることができます。

またカード会社への対策をしっかり保証してくれるため、クレジットカードの利用停止のリスクも低く、利用額に上限がありません。例えば1000万円の現金化も即日可能です。

自分・業者のまとめ

リスクもありますが、時間に余裕があって必要な現金が少額なら自分でする現金化を選択する方が良いです。

リスクなく手軽に高額な即金を手にしたいなら、業者による現金化に軍配が上がります。

あなたのスタイルに合わせクレジットカード現金化比較をして、ベストな現金化の方法を選んでください。

[blogcard url="https://kaone.link/genkinka-experience-stories/method/"]

今日中にお金が必要なら、ショッピング枠現金化がおすすめ!

ショッピング枠現金化の3つのメリット

  1. 審査なしで現金が手に入る
  2. 金利0円でお金を用意できる
  3. クレジットカードと身分証だけで利用できる

ショッピング枠現金化を利用すると、利用者の方にこの3つのメリットがあります。

それぞれのメリットを確認してみましょう。

審査なしでお金が手に入る

現金化の利用には審査がありません。

お金を借りるときにはまず絶対に必要な審査ですが、現金化には審査は存在しません。

これは、現金化が商品と引き換えに現金を渡す中古品買取業だからです。

つまり、クレジットカードで買った商品をそのまま買い取っているわけです!

そのため、金融ブラックの方や収入の少ない方でもカンタンに利用することができるのです。

利用額の返済は、カード会社に行えばよいだけなので、(闇金融的なイメージの)怖い業者に返済を迫られるといったことも一切ありません。

カード会社との対応もばっちりカバーしてくれるため、トラブルになることもありません。

審査がないため気軽に使える現金引き出し方法として、主婦や会社経営者など多くの利用者が現金化を活用しているのです。

クレジットカードと身分証だけで利用できる

現金化で必要なのは身分証クレジットカードだけです。

ショッピング枠現金化に必要なものはとてもシンプルです。

ショッピングサイトで商品を購入するためのクレジットカードと、そこで買った物を買い取るときに必要となる本人確認の身分証で、この2つがあれば、誰でも利用することができます。

他に書類が必要になることはありませんので、カンタンに利用することができるサービスです。

金利0円でお金を用意できる

現金化は金利0円で利用可能です。

くり返しになりますが、現金化はお金を貸す貸金業ではなく、中古品買い取る古物商です。

そのため、現金化自体に金利が発生することは絶対にありません。

消費者金融などを使うと高い金利をつけて返済しなくてはなりませんし、借りたというデータもしっかりと信用情報機関に登録されてしまいます。

ショッピング枠現金化ならば通常のカード支払いと同様、無理なく返済をすることができますし、第三者にも絶対にバレません。

金利が0円で今日中にお金を用意できる方法なんて他にはありません!

すこしでも返済額を減らして、負担をラクにしたいのなら現金化の利用がオススメです。

現金化で一本化するメリットはこちら

[blogcard url="https://kaone.link/credit-card-genkinka/refinance/"]

クレジットカード現金化のリスク

はっきり言って、クレジットカードの現金化は「グレー」な部分があります。

しかし、場合によっては、クレジットカードの現金化が必要になる時もあります。必要だからこそ、現金化は長年支持され、世の中で持続的なサービスとして確かに存在している事、これはまぎれもない事実なのです。

何をするにもリスクが無いことなどありません。ぜひこの現金化のリスクを知ってこれからに役立ててください!

ショッピング枠現金化のリスクとは、クレジットカードの利用停止と強制解約です。

法律上の契約方法とカード会社の規約によるものです。

法律上の問題

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、このうちキャッシング枠を使用した場合は「利息制限法」の適用を受け、ショッピング枠を使用した場合は「割賦販売法」の適用を受けます。

皆さんは総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは、借入残高が年収の3分の1を超える場合新たな借り入れをできなする制度です。

ここで問題となるのが、実際の目的が現金を手に入れるための「キャッシング」だという解釈の問題で、そうすると、この総量規制を守るようにカード会社に働く力があるからです。

規約上の問題

総量規制を守らせる圧力の他、カード会社としては担保の問題があります。

ショッピング枠を利用して買った商品は、支払いを終えるまで「所有権留保」と言われる状態にあり、建前上カード会社の物なのです。

しかし、カード会社の物だから売ってはダメというわけではありません。もしこの売買を禁止してはローン中の車や家の売買もできなくなってしまいます。

もちろん法律もこれを禁止していません。

ですから所有権留保の状態とは言え、これを売買すること自体にはまったく問題がないのです。

これはあくまで「規約上」の問題です。

では規約に違反するとどうなるのでしょうか。

利用停止

クレジットカードの利用停止とは、カード利用者を守るためのガード機能です。
例えば、いきなり限度額まで使い切ったり、何度も入力を誤ったりするなどといった不正なオーソリゼーション(与信照会)があった場合や、海外で使用された場合などの場合、本人による決済利用が確認できるまでは、一時的にカードの利用を停止する措置が取られることがあります。

これは第三者による不正使用を防止するために取られる措置ですので、現金化は直接の要因とはなりません。

現金化で連絡が来るとすれば、クレジットカードで多額の決済をした場合、カード会社の「クレジットカード不正使用検知システム」によりアラートが飛ばされ「要本人確認」という扱いになります。

[blogcard url="https://kaone.link/genkinka-illegality/prevent-use-stop/#i-4"]

そのため、「私がお買い物に使いました」と伝えれば利用停止は防ぐことができます。

強制解約

もしここで不正利用が発覚したらどうでしょうか。この場合は二次被害を防ぐためにクレジットカードは直ちに停止されます。しかし強制解約にはなりません。

強制解約となるのは会員規約に違反したことが知られた場合です。これはそれぞれのカード会社が会員規約で定めるものですので、必ずしもその対応が同じではありません。

しかし、まず「はい。現金化しました」と伝えれば強制解約の対象となります。

また、支払いがひと月以上遅れて連絡が取れない場合も強制解約の対象となります。

現金化って大丈夫なの?

もちろん、しっかりとした現金化業者はカード会社の対応もしっかり行ってくれるため安心です。カード会社はもちろん、ご家族にばれることも絶対にありません。

もし気になるようでしたら、現金化の担当者にしっかりと尋ねてみましょう。

そうすれば、お金の引き落とし名を含め最適な対応をしてくれます。

現金化したのに「やってない」と言ったら?

最後に、もし現金化をしたのにカード会社に「使ってない」と伝えたら、それは商品を購入したのに「していない」と言っているのと同じことです。

つまり、これは詐欺という刑事罰の対象となってしまいます。

もしカード会社から電話がかかって来て焦ってそのような対応をしてしまったら慌てずに現金化担当者に相談してみましょう。

自分と業者のメリット・デメリット

クレジットカード現金化は自分でする方法と業者に頼む方法の2つがありますが、この違いを知りたい方は以下を参照してください。

[blogcard url="https://kaone.link/genkinka-experience-stories/method/"]

審査もなく即金を手にできるのは、クレジットカードの現金化だけです。

時と場合によっては、クレジットカードの現金化が必要な場面もあります。

世の中で必要とされているサービスであるのは、まぎれもない事実なのです。

その、クレジットカードの現金化の方法は、おもに2つです。

自分で売買する現金化

自分で売買する現金化は、利用停止のリスクがあり、そして手間がかかります。
リスクを受け入れ、時間と手間がかかっても高換金率を実現したいという方だけにオススメの方法です。

自分で売買する現金化のメリット

[やり方によっては換金率を最大に高めることが出来ます

自分で売買する現金化のデメリット

  • 換金率の高い商品はクレジットカード会社も目を付けているため、利用停止のリスクに常にさらされます。
  • 換金率の高い商品を購入し、高く買い取ってくれる店に持ち込む必要があるため、非常に手間がかかります。
  • 時間と手間がかかるため、すぐに現金を手に入れたい人には向きません
  • 換金率の高い商品、高額の買取業者は常に変動するため、情報収集がすごく面倒です。
  • 店舗に行ったり、商品を郵送するなど、それなりの労力がかかります。

業者でやる現金化

業者でやる現金化は、利用停止のリスクが低く、簡単申し込みで確実に今日中にお金を手に入れられます。

今すぐ現金が必要で、85%以下の換金率でもしょうがない、という方にオススメの方法です。

業者でやる現金化のメリット

  • 銀行振り込みですぐにお金が手に入ります
  • ネットバンクを利用すれば、24時間365日振り込みが可能です
  • 店舗に行く必要がありません
  • スマホとネットですぐに現金化できます
  • 再利用の際は換金率割り増しの待遇が受けられます
  • 第三者を通すため、強制解約のリスクが低いです
  • 色々な業者を比較検討でき、高い換金率の業者を選ぶことができます

業者やる現金化のデメリット

  • 換金率は85%以下になることが多いです
  • 悪徳業者に当たってしまう可能性がありますので現金化比較が大事です
  • 匿名一括申し込みなら個人情報も安心です。

現金化で土日祝祭日や深夜でも今日中にお金を受け取る方法

実は土日祝祭日や深夜に現金化のお金を受け取るにはネットバンクが必須!

ショッピング枠現金化はWebサービスとして行われますので、入金は銀行口座を使って振り込まれます。

しかし、ふつうの銀行は土日祝祭日が休みで、平日は15時を超えてしまうと入金業務は終了してしまいます。

そのため、土日祝祭日や平日の15時を超えると即日に入金をすることができなくなってしまうのです。

こういった理由から、現金化を銀行営業日以外に利用したい場合はネットバンクの口座アカウントが必要となります。

インターネットに特化して、実店舗を経由せずに、Web上ですべての手続きをおこなえるため、深夜の送金も可能としているのです。

現金化で主に使われているネットバンク口座はこちらなので、お金が必要な方は事前にネットバンク口座を作成しておくと良いかもしれません。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行

ショッピング枠現金化は今日中にお金が手に入る便利なサービス

 

優良店ランキング
クレジットカード現金化比較
QA
よくあるご質問
Q.本当に優良店だけなんですか?
はい。スタッフが実際にいくつかの切り口から事業内容をチェックした上で評価を掲載しています。
おすすめの記事