• Amazonギフト券を高率で現金化する方法がわかります。
  • Amazonギフト券を現金化する際のリスクがわかります。

約3年前は、クレジットカード現金化といえばキャッシュバック方式や買い取り方式が主流でした。以前からアマゾンギフトを使った現金化もありましたが、その数は少なく、ほとんど皆さんの目に止まることはなかったはずです。

しかし、最近はアマゾンギフトを現金化する業者が非常に多くなっています。そのため、クレジットカードに限らずとも現金化比較をすることは大切です。

今回ご紹介するAmazonギフト券はいわゆる商品券ですが、電子マネーのようにアカウントにチャージすることができます。

この時に注意することは、Amazonギフト券には有効期限があるという事です。

Amazonギフト券は券種により有効期限が異なります。

  • プラスティックカードタイプは、1年
  • 印刷されるシートタイプは、3年
  • Amazonショッピングカードには有効期限がありません

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は、券種にかかわらず発行から10年に統一されました。

ほとんどのAmazonギフト券は、ギフトコードを入力してアクティベートすると有効期限はその日から1年になってしまいます。

もしかして、有効期限が近くて悩んでませんか!?

それから、知り合いから頂いたAmazonギフト券の使い道が無いなんて言う事もあるかもしれません。

ご存知ですか?Amazonギフト券は、ある方法を使えば簡単に現金に替えることができるのです。

そこで、アマゾンギフト現金化業者の実態を調べるべく、色々な調査をしてみました。

Amazonギフト券を現金化する方法

「Amazon.co.jp」と言えば、誰を問わず知らない人はいないほど私たちの生活に浸透してきています。このギフト券はアマゾンで現金同様に使えるため贈り物としても人気があり、コンビニにも当たり前のように置かれています。

通常の使い方の他、ギフト券の現金化など何かと話題になるこのカードですが、ではまず、このAmazonギフト券を発行することが「Amazon.co.jp」にどんなメリットがあるのでしょうか。

アマゾンがギフト券を発行するメリット

Amazonギフト券を発行するメリットをひとことで言えばお金です。

経済用語で言えば信用創造と言います。

信用創造とは、預金と貸し出しを連鎖的に繰り返すことで、お金(預金)が増えていく仕組みをいいます。
「Aamazon.co.jp」のAmazonギフト券を使った信用創造とはつまり、Amazonギフト券を購入してから使用するまでには確実にタイムラグが発生するため、このタイムラグが想像上の通貨である預金に相当するという事を意味します。この時点で信用創造は成立しますが、これだけではありません。アマゾンとしては、Amazonギフト券やAmazonショッピングカードの利便性や認知度が高まれば高まるだけ、一時的なキャッシュ(現金同等物)を得ることができ、しかも預金とは異なり利息を支払う必要がありません。またさらに、このギフト券の利用先はAmazonのサイトに限定されているわけです。

つまり、Amazonギフト券を購入することは、購入するかどうかわからない何かの商品を前払いで購入しているようなものなのです。

これだけAmazon.co.jpに取ってメリットの高いギフト券であるにも関わらず、私たちとっては、ただギフトを送るために使えるという僅かな上澄みがあるだけです。

ここに現金同等物であれば現金化できるというメリット、貰ったギフト券で買い物をするか現金に払い戻すかの選択肢があっても良さそうなものです。

しかし、過去に起きた様々な問題のために、ギフト券は現金化できないものが多いのです。

金券ショップではAmazonギフト券を買い取ってくれない

Amazonギフトを使用するためには、Amazon.co.jpのアカウントにギフトコードを登録する必要があります。

アカウント未登録の場合

Amazon自体がAmazonギフト券買取を規約で禁止しているため、たとえまだAmazonギフトコードを、アクティベートして登録していなくても、基本的にはこれを買い取ってくれる金券ショップやチケットショップは存在しません

アカウント登録済みの場合

通常、Amazonギフトコードを入力してアクティベート(有効化)済みのAmazonギフト券を他のアカウントに移すことは不可能です。

そのためアカウントに登録してしまったギフト券は買い取ってくれません。

Amazonギフトの売買サイトで転売する場合

ほとんどの電子マネー売買サイトは、オークションなどと同様にCtoCで取引を行いますので、購入者が現れて売買が成立するという特徴があります。また、売買仲介業者のウェブサービスが仲立ちするとは言え、次の通り、信用を担保するものがありません。

電子マネー売買サイトで転売する際の特徴

  • 換金率が高いためトラブルが起きなければ利用する価値がある。
  • 購入者が現れて売買が成立するため、直ぐに現金を手にすることができない。
  • 売買されるギフト券の券面が限られるため、高額の現金化には向かない。
  • 個人間取引となるため、トラブルに遭った際の補償が無い。

売買業者の補償

購入後30分以内ならばその補償するというサービスもありますが、当初はアカウントに登録できたものの、その後に不正が発覚し、コードと合わせてアカウントまで利用できなくなるというケースもあります。

その場合以下のような対応がなされるだけであり、仮にこれを実行しても、売買仲介業者から警察に提供される情報では捜査自体が難しいというところで行き詰ってしまいます。

  • 該当のギフト券番号がおわかりの場合、最寄りの警察などの公的機関へ本件に関してご相談ください。
  • 公的機関より電子マネー発行者様からご提示頂いた不正ギフト券番号を明記した公的文書(情報提供依頼)により、出品者様の情報開示要求を弊社宛てにお送りください。
  • 弊社より該当ギフト券番号の出品者様の情報をご提供させて頂きます。

Amazonギフト券の現金化業者に転売する場合

現金化業者を介してAmazonギフト券を現金化する場合、現金化業者がトラブルなどの補償を行うため比較的に安全性が高いといえます。また、たとえ1,000万円を超えるような高額の現金化でも即日振り込みが可能であり、急な資金調達にも向いています。

現金化業者で転売する際の特徴

  • 現金化業者が専門的なトラブル対応などを行う。
  • 高額でも即日キャシュ化が可能。

Amazonギフト券の売買は利用規約で禁止されている

Amazonギフトの利用規約と規約に違反した場合

以下、規約の引用の通り、アマゾンギフト券は、再販売や換金をすることが利用規約で禁止されています。

規約に違反した場合

  • Amazonアカウントの停止
  • ギフト券の使用保留

Amazonギフトの利用規約(Amazonギフト券細則)

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、およびギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません。
これらの制限に反して取得されたギフト券につきましては、アマゾンまたはその関連会社は、利用をお断りする場合がございます。アマゾンサイトのアカウントの未使用残高は譲渡できません。

https://www.amazon.co.jp/

Amazonギフトを現金化したのがバレたらどうなる?

ギフト券が詐欺その他の不正行為によって作成または入手された場合は、アマゾンまたはその関連会社は、関連するお客様のアカウントを閉じ、当該ギフト券の使用を保留または拒否し、他の支払方法を要求することができます。

https://www.amazon.co.jp/

利用を拒否されたギフト券はどうなる?

Amazonギフトの現金化では、ギフト券を購入してからこれを転売する形になりますが、いくら現金化のために購入したギフト券だとしても、これを理由に支払いを拒否することはできません。

たとえば、10万円分のギフト券を購入したところ、「現金化の疑いがあるから利用停止します。返金はできません」なんていう事がまかり通れば、Amazonは不正な収益を計上する形になります。もちろん、訴訟大国のアメリカでは即刻裁判沙汰です。法律もこれは許しません。

そのため「他の支払い方法を要求することができます」とある通り、銀行振り込みでちゃんと返金に応じてくれます。

もともと使用していたAmazonアカウントは利用停止になりますが、アカウントに残っているお金は返してくれます。

Amazonギフト券の現金化をする際の注意

Amazonギフトを現金化する際に気を付けることは、アカウントにログインした状態で現金化に関わる取引をすると、アカウントを停止されるリスクがあるということです。

そのため、普段Amazon.co.jpを使っているようであれば、それとは別のアカウントを用意することをおすすめします。

購入する側のリスク

購入したAmazonギフト券は、実際にアカウントに登録するまで有効なギフトコードであるかがわかりません。

購入したら

そのため、Amazonギフト券の売買サイトなどで購入した割安なギフト券を登録しようとしたら使えなかったなどという詐欺被害も少なくありません。

Amazonギフト券の販売発行以降に発生した問題については、アマゾン側では対処してくれません。

その理由は、これが個人情報に関わる事であり、その時点で法律に関わる問題であるかを判断することができないためです。

このため、詐欺行為として疑われる場合には、警察や消費者センターなどに相談されることが最も早い解決方法です。

警察に問い合わせる際に確認されること
  • Amazonギフト券をどこで購入したか
  • ギフトコードをどのように保管していたか
Amazonギフト券でトラブルに会った際の相談先

転売する際

購入したAmazonギフト券を転売することで第三者のアカウントに登録される事になります。

ですから、普段使っているAmazonアカウントを使用して転売用のAmazonギフト券を購入すると、現金化で使用されたAmazonギフト券の購入者としてアマゾン側でリストアップされてしまう可能性があります。

そのため、Amazonギフト券を購入する際は、新たにアカウントを取得するか、コンビニなどで購入するようにした方が無難です。

まとめ - Amazonギフト券を高率で現金化する方法とリスク

  • 「Amazon.co.jp」がAmazonギフトを発行する理由は、それだけで大量のキャシュを得ることができるからです。
  • Amazonギフト券の売買は「Amazon.co.jp」の利用規約で禁止されています。
  • 金券ショップやチケットショップでは、Amazonギフト券の買取は行っていません。
  • 電子マネーの売買仲介サイトで転売する場合は、換金率が高いものの様々なトラブルに巻き込まれるリスクがあります。また、即日換金が難しケースが多いです。
  • 現金化業者で転売する場合は、どんなに高額でも即日現金化が可能です。ギフトコードのやり取りでトラブルが生じるようなことがありません。
おすすめの記事