クレジットカード現金化の方式は業者によって異なりますが、最近では多くの業者が買い取り方式を採用しています。

買い取り方式の現金化とは、現金化業者の指定する商品を購入するとともに、この商品を第三者の業者が買い取ることで現金化、即日で現金を受け取れるサービスです。

では、この「買取式現金化で購入する商品」とはどのようなものなのでしょうか。

 

買い取り式現金化は、安全でとにかく早い!

買取式現金化は安全でスピーディ

買取式現金化は安全でスピーディ

現金化業者の増加

近年、クレジットカード現金化を利用者が増えており、それにともなって現金化業者の数も増加しています。

インターネットで検索すると、その真偽が定かでないような「最高換金率99.8%」や「業界NO.1」など、さまざまなクレジットカード現金化業者が見つかります。

もし、業者数が多くなければ、私たちは業者を選ぶことはできません。
しかし、相当数の現金化業者のある現在においては、「つまり何が違うの?」と聞きたくなるくらいに違いの分かりにくい各業者から、最も良いサービスを選ぶ必要が出てきました。

そこで、その需要と共に、多くのクレジットカード現金化比較のサイトが生まれ、これもまた真偽が定かでない物に占められています。まさにこの現状こそが、現金化業者の多さを裏付けているのです。

現金化業者の違い

では、これら現金化業者の違いは何なのでしょうか。様々な業者のどこに着目すれば、良い業者と悪い業者を見分けることができるのでしょうか。

クレジットカード現金化サービスとは、購入した物の転売をし、その代金を振り込みの原資にするシンプルなサービスです。

シンプルであるからこそ、林立する現金化業者は、換金率や現金化方式など様々な点で差別化を図っています。

特に、現金化の方式が異なる業者であれば、取引の流れも変わってくるため、自分に合ったリスクの低い現金化方式を採用している業者を選ぶことが大切です。

現金化方式

現金化の仕方は、買取方式とキャッシュバック方式が主要な方式です。しかし最近では新種も登場しており、アマゾンギフトなどの電子マネーを買い取ることで現金化する業者や、携帯電話のキャリア決済を利用して現金化する業者なども現れ、お金の電子化(ペーパーレス化)の進展に沿うように、どんどん多様化しています。

振込期間

「即日は85%・一週間後なら90%」といったように、振り込み時期によって換金率が変動するプランの業者です。

最近は「即日最短5分でお振り込み!」などと現金化までのスピードが速いことを売りにしている業者も増えてきました。

このような業者では、ほぼ例外なく買い取り方式を採用しています。

買い取り式現金化について

買取式現金化とは、業者が指定するショッピングサイトにて希望額分の商品をクレジットカード決済によって購入すると、現金が振り込まれるという方式です。

キャッシュバック式も買取式も利用者サイドからはほぼ同じように見えますが、業者サイドでは、キャッシュバック式の現金化は景表法(不当景品類及び不当表示防止法)に抵触する恐れがあるため、相対的にリスクが高いと言えます。

現金化はカード規約で禁止されているとはいえ、買取式は、法律的にもパチンコやパチスロの換金と同様に合法ないし黙認されているサービスです。つまり、法律とカード規約は異なりますので、たとえ「換金目的の決済」を余すことなく立証されたとしても、それだけでは違法にはなりません。

買取式とキャッシュバック式の違い

買取式の現金化は、現金化業者とは(建前上)関係のない商品の業者を用意する必要があります。

キャッシュバック式は商品の購入の対価として漏れなく商品価額の数十%を還元する形なので、第三者を必要としません。

従って、コストは買取式の方が高くつき、法律上などリスクはキャッシュバック式の方が高いと言えます。

「2017年最新」の買取式現金化

最新買取式なら、即日振込でも安全に現金化を利用できます。

以前の買取式はリスクが高い

以前の買い取り式の現金化は、購入した商品が自宅に送られてきてこれを受け取る必要がありました。業者によってさまざまですが、基本的にこの商品は価値をつけ難いものが選ばれる傾向がありました。

この商品の所有権は支払いが終わるまではカード会社に存在する(所有権留保)ため、仮にカードの支払いが滞った場合、当然「その商品を返してください」となるわけです。もしその時に第三者に対して適用される“即時取得の要件(民法192条)”があるので、「売ってしまったからないよ」と言えた方なら別ですが、「わからない」と伝えてしまったり、キャッシュバック式で送られてきた用途不明のCD-Rなどをカード会社に送ってしまった場合、これは完全に規約違反となり、クレジットカードの強制解約などの扱いを受けることになります。

新買取式は商品が送られてこない

これは家族と同居をされていたり、家族には絶対にばれたくないという方からも大変な好評があります。

「商品が届かない買取式ってなに??」

そう思われた方もいるかと思いますが、商品を購入するとその際にに指定したメールアドレス宛に「購入コード」が送付されてきます。こちらのコードのによって購入の確認を行ったのち、そのまま商品を買い取り業者に転売する形になります。

そのため、自宅に何に商品が届くことはありません。コードの確認後すぐに振り込みが実施されます。

可能な限り相互のやり取りを減らして、スムーズな現金化が可能なこともメリットの1つです。

現金化で買う商品とは

現金化で購入・転売する商品とは

現金化で購入・転売する商品とは

さていよいよ現金化でお金を生み出す商品は何なのかに迫っていきましょう。

表向きの商品

「建前と本音」などと言われますが、クレジットカード現金化はクレジットカード会社に通知する商品と実際に購入する商品とは異なります。

買取式の現金化

高額商品でもカード会社から購入が怪しまれない物が多いようです。つまり「新幹線のチケットを30枚買った!」等は完全にNGです。

日常生活で10万円を超える商品を購入することは(まれ)です。それに加え、限度額いっぱいまで使い切るなんてもっと(まれ)です。だからこそカード会社も「怪しい…」をチェックしようとするわけです。

[blogcard url="https://kaone.link/genkinka-illegality/prevent-use-stop/#i-5"]

そのため、ちゃんとした良い理由付けできる商品を購入する必要があるのです(その方法は企業秘密のようです)。

キャッシュバック式

こちらは商品の購入対価として現金を還元するスタイルなので、アーティスティック・芸術的な物など、商品価値のわかりにくい物が多いようです。

実際の商品

では次に、実際に届けられる商品を見てゆきましょう。

買取式

業者によっては、送られて来た“商品を今度は別の買い取り業者の住所に配送してください”なんていうところもあります。この商品の内容も業者によって異なりますが、CD-Rだったりなんか絵のようなものだったりアクセサリーだったりと様々です。

確かに本来の段取りとしてはその流れなのでしょうが、いささか面倒です。しかも、家族に「何コレ?」って突っ込まれる可能性もあります。

そこで、先ほども書いた通り、最近は購入したものが届かずにそのまま転売され、お金だけが振り込まれるとても理にかなったスタイルの現金化業者もあります。

キャッシュバック式

ここで要注意。

キャッシュバック式の現金化が利用者側にとってもリスクがあるというのは、購入した商品が、ほとんど中身のないCD-Rだったりする場合です。

現金化のリスクとは、その意思行為として「現金化目的に購入された商品」なのか、それとも「買った商品が不要だったり誤りだったりしたために転売」したのかという事です。

つまり、支払いが滞ったりしてカード会社から請求が来た場合、転売先も無くそこに存在するCD-Rそのものがリスクだという事です。

そのため、「どこどこで買いました」が、「どこそこで売りました」と言える環境にある事が望ましいのです。

まとめ - カード現金化で購入する商品とは

商品の裏と表

購入する商品には、表向きの建前と内側の本音があります。クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることは「利息制限法」の適用を受け、ショッピング枠で商品を購入することは「割賦販売法」の適用を受けます。

カード枠の違い

よく言われる「キャッシング枠とショッピング枠は用途が違うのです」この目的と法律の違いから言われています。

ショッピング枠は商品を購入することを前提としおり、その商品のカードローンの支払いを終えるまで、物の使用はできるが所有の権利はないという「所有権留保」の状態にあります。

従って例外を除き、本来これを転売することは出来ません。これはカード規約にも記載されていますが、自己申告でもしない限り、ローン中にした商品の転売をカード会社が把握することはありません。

そのため、購入時にその商品と目的を確認することがあるのです。

リスクを回避するなら業者はサポートで選ぶ

しっかりとした業者であれば、お客様の安全を何よりも大事に考えています。またリアルタイムで様々なカード会社の対策情報を把握しています。

もし不安であれば、カード会社への対策のサポートなどをしっかり訊いておくことをお勧めします。

安全な現金化は、誰に対してもしっかりと説明ができることです。

もちろんこれも大切ですが、換金率が良いことは2の次です。しっかりと安心してりようできる業者を現金化比較で参考してみてください。

 

優良店ランキング
クレジットカード現金化比較
QA
よくあるご質問
Q.本当に優良店だけなんですか?
はい。スタッフが実際にいくつかの切り口から事業内容をチェックした上で評価を掲載しています。
おすすめの記事