自分で現金化

「今日どうしても現金化が必要😥」そんなときだからこそ、焦らず最も良い方法でピンチをカバーしたいですよね!そこでまず、クレジットカードさえあれば自分で現金を調達できる方法についてご紹介します。

 

自分でやる現金化の種類とやり方

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に替えるサービスであり、キャッシュバック式と買取式に大別されます。

現金化サービスは、たとえばキャッシングと言ってATM機より現金を借りるサービスが未契約だったり、そのキャッシグ枠を限度額まで利用していて、お金を引き出せない時などに非常に便利です😁

しかし、現金化サービスを利用すると、手数料が差し引かれてしまいます。
ですから、もしも現金化を自分ひとりで個人的にやるなら、その手数料がかかる事が無い分、換金率がアップするのでは😊?と思いますよね。

そこで、なぜそれでも現金化サービスを利用する人がいるのかや、また、自分でやる現金化の種類や方法、リスクについて見てゆくことにしましょう。

クレジットカード現金化ってどうやるの?

業者を通さないで現金化したい時ってどうすればいいの?

業者を通さないで現金化したい時ってどうすればいいの?

 

現金化サービスを利用する一番の理由は安全性です。自分でする現金化も基本的な事は同じですが、特に注意すべきことありますので以下にご説明していきます。

まず、クレジットカードの現金化には、主にキャッシュバック式と買取式があります。

キャッシュバック式とはなんですか?

キャッシュバック式とは、おまけがついている商品を購入すると、景品としていくらかお金が戻ってくる(還元される)という仕組みの方式です。

景品には、懸賞型ともれなく型とがあり、ガリガリ君の当たり棒のように偶然に左右されるものが懸賞型、ドコモショップのポケットティッシュの用に全員に配られる物がもれなく型にあたります。現金化サービスの還元は、後者のもれなく型に該当します。

どんなリスクがあるんですか?

懸賞によらず、すべての利用者に提供するキャッシュバックは「総付景品(ベタ付き景品)」と呼ばれ、景品法でその限度額などが定められています。
※ただし、例外的に、医療用医薬品業,医療機器業及び衛生検査所業を除く、事業者向け(・・・・・)のものは原則として景品規制は適用されません。

このため、一般の方が利用するキャッシュバック方式の現金化で、「80%」などという還元が実施された場合、景品法に抵触する恐れがあります。
※景品法は、消費者を守る法律ですので、利用者が罰則を受けるということはまずありません💁

総付景品の限度額
取引価額景品類の最高額(市価)
1,000円未満200円
1,000円以上取引価額の10分の2まで

 買取式ってなんですか?

買取式とは、最も古くからある現金化の方式で、クレジットカードで購入したものを別の買取業者に買い取ってもらい、その対価として現金を受け取るというものです。

例えば、クレジットカードで金(ゴールド)や国債、株などを買うということをイメージしてみるとわかりやすいかもしれません。

どんなリスクがあるんですか?

クレジットカード会社は換金性の高い物を換金目的で購入することは禁止していますが、キャッシュバックとは異なり法律に抵触することはありません。したがって、キャッシュバック式と買取式のいずれかを選択する場合、買取式の現金化サービスを利用してクレジットカード現金化をすることが無難だといえるでしょう。

買取式は、クレジットカードで購入した商品を、買取業者に買い取ってもらうという、パチンコの景品交換にも似た非常にシンプルな方法です。また、現金化サービスを利用した場合は、クレジットカード会社にはそれが換金行為だとは全くわからないように対策されています。

買取式現金化では、どんな商品を購入すればいいの?

換金する商品ってどんなもの?

換金する商品ってどんなもの?

 

買取式では、まず高換金の可能な転売先の確保から考えます📌

自分で換金性商品を選ぶケース

買取式で現金化するには、まず商品を選ばなくてはいけません。
どんな商品でも中古品を買い取ってもらえるものではないので、中古でも十分に売買需要と価値があるものを選びましょう。

高級ブランド

ちなみに換金性の高い商品には、ロレックスなどの高級時計、ルイヴィトンなどの高級ブランドバッグ、商品券などがあります。
ロレックスやエルメスのバックなどは、価格がある程度硬直的なため、長期間保有していても値段が下がりません。そのため換金目的で欲しがる人も多いため、中古市場でも人気なのですが、物によって50~70%程度と、思ったよりは換金率がよくありません。

家電やゲーム機

その他、新発売の家電やゲーム機で未開封であっても、交換率は50%を切ることがあります。
人気の型であっても、70%近くで買い取ってもらえればかなり高い方だといえるでしょう。

商品券や新幹線の回数券

しかし、ご存知の通り、商品券や新幹線の回数券などはかなりの高換金率で買い取ってもらえる商品です。
人気の商品券であれば額面の95%以上で買い取ってもらえることもあり、キャッシュバック式の現金化サービスを利用するよりもかなり割がいいです。

どんなリスクがあるんですか?

クレジットカード会社は規約で換金行為を禁止しており、購入した物のデータは即カード会社に送信されます。

そのため、例えば「30万円の利用」を考えた場合、家電やブランド品なら通るかもしれませんが、急に新幹線のチケットを30万円分買ったりするとすぐにチェックが入ることになります。

現金化サービス指定の商品を購入するケース

他方、現金化サービス会社の指定する商品を購入するケースでは、現金化サービスの信用にかかわるため、常に最新の情報を適用していることから、購入する商品について、カード会社からのチェックが入ることはまずありません。

買取式の現金化を自分でやる方法

自分で購入した商品を転売して現金化する

自分で購入した商品を転売して現金化する

まずはお目当ての商品券を購入するところから始めます。商品券の換金率は、利用のしやすさや流通量の多さなどによって70~98%と、かなり変動があります。そのため、まず売り先のチケット買取店へ行き、換金率をしっかりとチェックするようにしましょう。たとえ同じ種類の商品券でも、その額面によって換金率が変わるものもありますので要注意です。

購入券が全国百貨店共通商品券の場合、日本百貨店協会に加盟しているデパートであれば、サービスカウンターで購入できます。そこでクレジット決済で購入して商品券を手に入れたら、今度はチケット買取店へ持って行き買い取ってもらいます。

また、チケット買取店舗によっても買取額がまちまちなので、下調べしておいて、できるだけ買取率の高い業者を選ぶようにしましょう。

返品処理を利用した現金化の方法

自分で購入した商品を返品して現金化

自分で購入した商品を返品して現金化

一般的な返金

クレジットカード現金化の方法は、買った物を転売してお金を受け取るという方法だけではありません。
たとえばそのやり方のひとつに、一度カード決済で購入した物を「やっぱり買うの止めた」と言って返品し、その返金額を現金で受け取るという方法もあります。これを「クレジット直接返金」と言うことにします

注意したいのが、クレジットカード決済をした当日中に返品処理をした場合、オーソリゼーション(与信照会)処理の取り消しのみで済まされてしまうことがあり、この段階は現金が返金されません。

しかし翌日以降になり取引が確定すると、トランザクションの処理データがカード会社に送られ確定するため、与信の取り消し処理ができないのです。
このままだと口座から購入代金が引き落とされてしまうため、購入店はそれと相殺する形で現金を返金をするのです。
この方法であれば100%換金されるので、わざわざ換金性の高い商品を購入する必要はありません。

電子マネーを用いた返金

最近では電子マネーを介した現金化の方法もよく利用されています。まず、クレジットカードで電子マネーをチャージをします。
それから電子マネーで通常通り買い物をするのですが、先ほどの“一般的な返金”と同様その後に返品をします。電子マネー決済した分の返品処理をすると、これも同じく現金で返金されます。返金額は、購入に使った額と同額なので、換金率はなんと100%ということになりますね。

どんなリスクがあるんですか?

電子マネー決済による返品とクレジットカード決済による返品を利用したクレジットカード現金化は、それぞれに注意点があります。

クレジットカードの返金

まず、「クレジット直接返金」の場合、返金トランザクションの処理が直接カード会社との間で行われるため、何度もこれを繰り返せば返金して現金化していることが確実にわかってしまいます(不正な与信照会)。つまり、クレジットカード会員の取る行動統計の数値上、その異常値として取り上げられる可能性が高いという事です。

さらに、返品の依頼のタイミングを計る必要があります。
つまり、与信照会からカード会社と店舗とのトランザクション処理が正常に終了し、処理のキャンセルだけで返品ができなくなってからクーリングオフの対象期間内に返品依頼をしなければなりません。
即日は無理、うっかりミスも禁物です。

電子マネーの返金

次に、「電子マネー経由の返金」ですが、これは店舗によっては現金ではなく、電子マネー残高に返金することができてしますという点です。

また、何度も正当な理由なく返品を繰り返すようなことは迷惑行為なので、その店自体を使えなくなる可能性もあります。

さらにこの2つに共通することとして、商品によっては返品ができない物もあります。

その他、こんな現金化の方法はどうなんだろう?

他にはどんな現金化を自分で出来るんだろう

他にはどんな現金化を自分で出来るんだろう

 

現金サービスを通さず自分でクレジットカード現金化する方法がないかといろいろと考えている人もいらっしゃると思いますが、これから紹介する事例はあまり試さない方がいいかもしれません。

ネットサービスを使った自作自演での現金化

例えば、メルカリやクリーマ、ヤフオクなどの「C to Cサービス」や、STORESやBASEといった即日簡単に出店ができるECサービスに登録し、自作自演で自分がクレジットカードで購入して返品すれば、サイト運営会社から現金が振り込まれるのでは?と考える方もいるかもしれません。しかしそれは迷惑行為の対象がショップオーナーからショッピングサイト等の管理会社になっただけであり、そのやり口はより巧妙悪質であるため、最悪刑事訴追を受ける可能性を否定できません。

第三者を介せば、理屈として利用し返品を利用した現金化は可能です。しかしその第三者がどこまで信用できる人物なのかを判断するのは非常に難しいでしょう。
そのようなリスクを冒すぐらいなら、専門の現金化サービスを利用した方がずっと安心です。

飲み会の料金支払いのまとめ役を買って出る

また、仲間で一緒に飲みに行って、その支払い役、つまり全員の飲み代を自分のクレジットカードで支払い、仲間から現金を聴取する方法もあります。
しかしこれには自分の分の飲み代がかかりますし、飲み会に参加するメンバーが十分に集まらなければ希望金額を現金化できなくなります。
何しろ友だちを巻きこむやり方なので、本意を知られたら人間関係にひびが入ってしまう可能性もあります。

数十万円といった高額の現金化ができない

さらに、これらの方法では、実行できたとしても数万円程度であり、何十万・何百万の利用は不可能です。

自分でやるカード現金化のリスク

自分でする現金化のリスク

自分でする現金化のリスク

 

現金化は禁止されている?その理由は?

多くのクレジットカード会社は、規約でショッピング枠を利用した換金行為を禁止しています。その理由として、クレジットカード決済で購入された商品の支払い方法としてリボ払いや分割払いなどを選択された場合、その所有権はカード会社が持っており、これを担保として扱っているということが挙げられます。

ショッピング枠とキャッシング枠の違いとは?

つまり、担保を現金化をされてしまえば、その債権の回収が難しくなるということが一番の理由になっているのです。この違いがショッピング枠とキャッシング枠との根本的な違いであるということなります。

買取式現金化サービス創業20年以上の人に聞いてみた

しかし、たとえこのショッピング枠の現金化であっても、しっかりと支払いをすれば何の問題もありません。

長年現金化サービスをやっている方に、現金化サービスの違法性について訊いてみました。
「これはあくまで規約上の事であり、法律上の理由からもこれを規制することは出来ない」のです。この事実は、20年以上に渡って買取式の現金化を運営している店舗のS氏や弁護士さんからも裏付けを得ています。

裁判で起訴の妥当性を判断する検察官の検事さんに聞いてみた

今度は裁判上の弁護士さんの敵、検察官に訊いてみました。
「クレジットカードの現金化は、債権者利益が損なわれるからダメ」とのことでしたが、パチスロの景品交換とどう違うのかや、購入した商品をどの程度の転売したら現金化に当たるのかなどには答えてくれませんでした。

つまり、意思行為としての現金化はダメだけど、結果としての転売などといった「三店方式」抜け道を規定する法整備が行われていないという事がその語尾を濁すことになったのでしょう。

結局、おすすめできる現金化の方法はコレ🔰

自分で現金化をすることは高リスク

クレジットカード現金化自体がリスクのある行為ですが、これを自分でする場合はもっとリスクが高くなります。

まず、自律的か他律的かということ、つまり主導的かどうかという法的問題が挙げられます。
次に、特にオーソリ(与信)を伴う返品処理を繰り返す方法は、店側に迷惑をかけ、そのうち取引をしてもらえない可能性もあります。
また、第三者に協力してもらってネットサービなどを用いてで現金化する行為も、相手を信用する判断材料が乏しく不安がぬぐいきれません。

消極的な選択肢として「換金性の高い商品の転売」

自分でやるカード現金化は、結局、換金性の高い商品を購入して転売する方法が一番シンプルで無難だといえます。しかしながら、換金性の高い商品の購入については、カード会社の顧客対応マニュアルなどにも記載されているくらい各カード会社とも敏感になっているため、やはりクレジットカード会社に睨まれてしまう原因になります。

現金化サービスを利用するメリット

手数料を気にして現金化サービスを利用しない人も多いと思われますが、カオネに登録されているサービスには、通常利用の換金率で平均89%の現金化サービスもあります。もし、手にしたい現金が10万円を超え、速やかかつ安全にお金を必要とする場合、現金化サービスを利用する事が賢明だと言えそうです。

電子マネーを使った現金化方法もある

電子マネーを使った現金化

電子マネーを使った現金化

 

先ほどご紹介した電子マネーは返金の方法で、今回は実際に電子マネーを使って見ることにしましょう。

電子マネーとは、アマゾンギフトや楽天Edy、nanaco、WAONなどの「買い物系プリペイド」や、SuicaやPASMO、ICOKAなどの「交通系IC」、iDやQUICPayなどの「買い物系ポストペイ」など様々なタイプがあります。中にはクレジットカードと連携していてチャージが不要の物もあります。

以前の自分で行うのカード現金化は、クレジットカードでショッピングをして、その商品を転売する方法しかありませんでした。
その方法だと換金率の高い商品購入や同じ商品の複数購入などで、カード会社に現金化が怪しまれやすかったのです。
その欠点を防ぐために、電子マネーを利用する方法があります。

電子マネー現金化のメリットを知ろう

電子マネーへのチャージは、クレジットカードですることも一般的なので、カード会社から特にお咎めされることはないでしょう。
しかも電子マネーを使って買い物した記録は、クレジットカード会社に知られることはありません。
知られるのは、電子マネーにチャージした記録のみです。

電子マネーをクッション材にしよう

そこで、クレジットカードでチャージした電子マネーを使って、換金性の高い商品を購入するのです。
その商品を転売すれば間接的にカード現金化ができます。もちろん、結果は一緒です。

電子マネー現金化のデメリットとは?

ただし、電子マネーを利用したショッピング枠の現金化にも欠点があります。

まず、チャージ可能金額に上限があることです。ほとんどの電子マネーでは2万円程度が上限となるため、高額の現金化には向いていません。それに、電子マネーでは、購入できる商品にも制限があります。換金性の高い金券類、ギフトカードは電子マネーでは支払いができないのです。

さらに、通常は電子マネーには払い戻し機能がありません。間違えてチャージしてしまったとしても、払い戻しはできないのです。
そのため、「カード現金化をしようと思って2万円チャージをしたはいいが、途中で気が変わって現金化したい」と思っても手遅れです。
一度チャージした金額は使い切らないと無駄になってしまいます。

電子マネー発行会社の違い

もちろん電子マネーの種類によって機能に多少の違いがあります。ICチップに異常があった時に限り、払い戻しに応じてくれるタイプもあります。お硬めの交通系のICカードであれば、特定の場所に限り払い戻しができる可能性もあります。

電子マネーを使ったカード現金化方法はメリットもあれば、デメリットもあります。
少額利用ならいいかもしれませんが、後悔しないためにもデメリット面をしっかりと押さえておきましょう。

もし、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

 

まとめ - 自分でやる現金化

自分でやる現金化が適しているのは、現金の必要が即日ではなく、その必要額が2万円以内など少額の場合です。
この条件であれば、ほぼ100%の換金率を達成できるでしょう。

しかし、10万円を超えるお金を即日必要とする場合、自分で現金化することは大きなリスクを伴います。この場合は現金化サービを利用されることが賢明だと言えます。

実際に、事業資金など高額の現金化を利用される方は、手数料はリスクヘッジに掛かるコミッション率だと割り切って使われているようです。

カオネに登録されている現金化サービスは、過去一度もトラブルなど発生したことのない優良店のみを扱っています。また定期的に厳正な再審査などを行い、これによって利用者様の安心にお応えしております。

ぜひ、簡単申し込みから5分で回答される換金率などの条件だけでもお問合せしてみてくださいませ😉

 

おすすめの記事